Days

You are the only one 「もし君が哀しい時は…」

Sponsored link

だいすきな人が、悲しそうな顔をしている。

 

気がつかないわけがない。

だって、だいすきでだいすきで、毎日一緒にいるのにじっと見ていても飽きないんだから。

 

いつもわたしが困ったときには必ず助けてくれるあなたが、こんなに悲しそうにしている姿はこれまでに見たことがない。

 

 

4年前、一年間離ればなれになるとき。

あのときは、離れる直前の数週間、未来の話をしては寂しくなって、ふたりで涙を流したよね。

 

でも今は、あなたが一人、悲しい気持ちを抱えている。

誰にも言えずにいるのか、誰にも言いたくないのか、それさえもわからない。

 

 

わたしはどうしたら良いのかな。

そう思ったときにね、ふと浮かんだのがこの歌詞。

 

まるでこの世界の終わりみたい

そんな日も確かにある

 

You are the only one

 

まるで隣にわたしがいるのを忘れてしまっているかのように、あなたは目に涙を浮かべている。

何かを考えているというよりは、自然に出てきてしまったそれを、こぼれ落ちないように必死になっているように見える。

 

 

生きていれば、いろんなことがあるから。

そんな日も、きっとある。

 

あゆちゃんがそう言ってるよ。

って、伝える。

 

 

それでね、あゆちゃんが言ったことには続きがあってね。

 

もし君が哀しい時は

世界一のピエロになるから

 

You are the only one

 

あなたを笑顔にするために。

あなたの前でおどけてみせよう。

 

あなたが笑っていてくれるのなら。

 

そんな贅沢は今は言わず、あなたの哀しみが少しでも和らいでくれるのなら。

 

 

ピエロになりきれないわたしは、あなたに「どうしたの?」と尋ねてしまう。

それでも、口を固く結んだままのあなた。

 

頑固なあなただけど、そんなところも含めてだいすきだよ。

だから、許してね。

 

あなたが悲しいときに、なんの力にもなれないと言って嘆く大バカ者のわたしを。

あなたがわたしを頼ってくれないことに、悔しがっているわたしを。

 

そういう気持ちを抑えながら一生懸命ピエロになろうとして、またいろいろと尋ねてしまうわたしを。

 

 

早く、あなたが心から笑える日が来ますように。

 

with LOVE, nana